ラブグラは女性の不感症やオーガズム不全などの症状の緩和に効果がある医薬品となっています。女性のために作られた医薬品なのでお悩みがある女性は試してみてはいかがでしょうか。

2016年08月の記事一覧

ラブグラが必要な女性とは

ラブグラは、女性用ED治療薬です。その為に、EDにかかっている女性に必要ですが、その中でも、血管障害を抱えているために不感症などのEDになっている女性に向いています。その場合の特徴は、脳では感じているのに、クリトリスが勃起しなかったり、女性器が濡れなくて感じることかできず、挿入されると痛いなどの症状を持つ女性にラブグラは役に立ちます。なぜなら、ラブグラは、血管障害を改善し、女性のEDを治療するED治療薬だからです。
EDというと、精神的な問題かまたは筋肉の運動機能的な問題と思いがちですが実は、血管の問題です。人間は脳に性的興奮を覚えると、血液が性器に向かって勢い良く流れ、それによってクリトリスが勃起します。それと同時に、女性器や膣の血液の循環がよくなるために、濡れて感じやすくなります。濡れるために挿入時の痛みがなくなり性交ができるようになります。その為に、もし、血管が動脈硬化などが原因で硬くなり、血行の流れが悪くなった場合、エッチの気持ちはあるのですが、しかし、女性器や膣が潤わなくなります。クリトリスも血行が悪いために勃起できなくなります。それが女性のEDです。ラブグラはそういうことが原因でEDになってしまった女性のために必要です。なぜなら、ラブグラの働きは、血管内にラブグラの成分が浸入し、血管内の血液を拡張して、血行の流れを良くすることで、女性器やクリトリスに血液が流れやすくなり、すると、女性器が再び潤ってEDが改善するように作られています。その為、ラブグラは、高血圧や糖尿病、高脂結しょうなどの動脈硬化を引き起こす恐れがある人がEDを併発している場合の女性などに役立ちます。なぜなら、それらの病気は、血管に障害を引き起こし、EDになりやすいからです。

続きを読む