ラブグラは女性の不感症やオーガズム不全などの症状の緩和に効果がある医薬品となっています。女性のために作られた医薬品なのでお悩みがある女性は試してみてはいかがでしょうか。

2016年10月の記事一覧

海外からラブグラを個人輸入、ED治療と保険

ED(勃起障害)治療には、保険が適用されません。なので、保険証を持っていても意味がなく、日本中どこの医療機関に行っても全額自己負担で治療を受ける必要があります。
ED患者は、潜在患者も含めるとかなりの割合になると言われています。加齢によって動脈硬化が進むことで、ほとんどの男性は少なからずEDの症状を抱えると言われています。
EDは男性であれば、誰がいつなってもおかしくない障害です。人によっては全く勃起できなくなる勃起不全にまで至ってしまう恐れもあります。
EDの原因は、体が原因の器質性と心が原因の心因性に分けられます。
体が原因のもので多いのが血管障害です。動脈硬化や糖尿病などで血液の巡りが悪くなって、ペニスの海綿体に十分な血液が行かなくなってEDになってしまいます。他には、糖尿病や外科治療によって神経が傷つけられてしまい、性的刺激の信号がうまく届かなくなることもあります。
心因性は過去のトラウマなどの深層心理によるものや、職場でのストレスやパートナーとの不仲など直接的な原因があります。
どの治療に対しても保険は使えないので、注意しましょう。
男性のEDに対して、女性にも似たような障害があります。
FSDというもので、女性の性機能障害のことです。男性のEDに比べてあまり知られていませんが、女性専門のクリニックや婦人科などで診てもらうことができます。
FSDは不感症やオーガズム不全といった障害が起こりますが、これを病院で相談するのは恥ずかしいという人は、海外からラブグラという薬を個人輸入するという方法があります。
ラブグラは全身の血流を良くして、FSDの症状を改善させてくれるQOL向上薬です。海外から個人輸入すれば、1錠あたり300円以下で入手可能です。

続きを読む