ラブグラは女性の不感症やオーガズム不全などの症状の緩和に効果がある医薬品となっています。女性のために作られた医薬品なのでお悩みがある女性は試してみてはいかがでしょうか。

2016年11月の記事一覧

セックスの悩みからラブグラで復活できる

EDと聞くと、男性を想像しますが、実は女性もセックスの悩みを抱えています。例えば、感じないという不感症や感じてはいるけど濡れないという悩みです。その為に、挿入されるのととても痛くなり、セックスに恐怖を抱えている女性もいます。それらの悩みがあっても、おかしいことはありません。なぜなら、EDは男性だけでなく、女性も同じ理由で起きるからです。そこで、EDの仕組みとはどういう仕組みか、そして、ラブグラはどんな効果があるのか?を理解しておくと、悩みは解決し、セックスに復活できるようになります。
そもそもEDは血管の障害によって起こります。例えば、男性は、脳に刺激を受けるとペニスに勢い良く血液を流し込むような命令を出します。その結果、ペニスは大量の血液で膨張して硬くなります。それが勃起です。それと同じことが、ペニスの女性版といわれるクリトリスで起きています。そのため、もし、血管に異常が生じて血行の流れが悪くなると、血液はペニスやクリトリスには流れにくくなり、勃起することができません。これがEDのしくみです。そして、現在では男女とも、加齢や高カロリーの食生活などから、糖尿病、高血圧、高脂血しょう等の病気にかかると、血管に負担がかかり、血管が硬くなる動脈硬化を引き起こします。動脈硬化を起こすと、血液が流れにくくなりEDになるのです。特に女性の場合は女性器の周りの血液が流れにくくなると、濡れにくくなります。そのため、感じにくくなり不感症が起こります。そこで、それらから血行の流れを復活させるためには血管を拡張して押し広げることが大切です。そうすると、血液の流れは回復して、クリトリスは勃起し、女性器も濡れやすくなって感じやすくなります。その血液の流れを良くする医薬品がラブグラだったのです。具体的には、ラブグラの主成分クエン酸シルディナフィルが血管の拡張を維持して、血液の流れを良くしてくれます。

続きを読む