ラブグラは女性の不感症やオーガズム不全などの症状の緩和に効果がある医薬品となっています。女性のために作られた医薬品なのでお悩みがある女性は試してみてはいかがでしょうか。

2017年03月の記事一覧

医薬品のラブグラは高カロリーな食事後の服用は控える

ラブグラという医薬品をご存じでしょうか。
日本での知名度はまだまだ低いようですが、海外では多くの方が服用している内服薬です。
ラブグラは男性のED改善薬と同じ有効成分を配合した、不感症治療薬の1つです。
年齢を重ねたり、日頃からストレスを感じている、また体質的などの要因で女性の中には、性交渉で塗れにくかったり感じにくいという方も少なくありません。
膣内が塗れないと挿入時などに、痛みを感じやすく大きなストレスとなってしまいます。
痛みがあったり感じにくいという事から、性交渉を避けてしまう女性も多いようです。
このような性の悩みを解消してくれるのがラブグラです。
ラブグラにはシルデナフィルという、有効成分が含まれています。
シルデナフィルは女医性器の血行を促進する作用があり、膣内を潤したり感度を高める効果が期待出来ます。
女性の中には薬での性交渉サポートに、不安を感じる方も多いようです。
サプリメントなどは含まれている有効成分などに、不安があるのでおすすめ出来ません。
ですがラブグラはクリニックで処方される医薬品です。
効果が認められている薬ですし、研究もしっかりされているので安心して服用しましょう。
ただ、医薬品には副作用がつきものです。
服用する際は、どのような副作用が起こるのかチェックする事をおすすめします。
ラブグラは性交渉を行う30分から1時間前に、服用する薬です。
ただ、高脂肪な高カロリー食をした後は、有効成分の吸収が阻害されてしまい、思ったような効果を得られません。
ラブグラの効果を最大限引き出すには、空腹時の服用がベストです。
高脂肪な食事だけでなくアルコールにも作用して、効果が半減してしまうと言われています。
服用する際は水が基本です。

続きを読む